Img_5836e82680103047926403be9953e4d3
半透明の卵
Img_4541ba1307ba4c77a945194cd47afeb5
皆で大事に
Img_0cfc1e062df68593e7b2b964533a8d2f
卵から孵った直後の白い蟻
Img_31032425abe383df959610b0a69582fe
レモンは順調に成長中
台風の影響はほとんどなかったけれど、
雨で巣が壊れたのでしょう。
晴れたとたん、引越が始まっていました。

大行列、大行列。
Img_26d44d1f6244660b1cc653171014fea6
芳名録
Img_04952f73b4c020aa545dab7e177d2ba7
芳名録
Img_9c71ad6d69f195f2a06f40bbc7b52a75
日記用紙
Img_a37b82bb895bd397797ea7f854c2245b
日記用紙のはんこ。彫っていると目がチカチカします。
「新局紙」で芳名録と日記用紙を制作。
書くのが楽しくなります。
Img_73c0d1163418bd77e6a6753e58e7e3b4
生きてる?
Img_fac1ccc152ecd6b32a341401645b2fbf
細い細い糸で体を支えて
レモンの木から5mほど離れた縁側に、
枯れ葉のようなサナギがいました。

ここまで来るには、蟻がいる地面を大分移動しないといけません。
何者にも襲われずによくここまで辿り着いたねぇ・・・と感心します。

模様がこれなので、空っぽなんじゃないかと思い、
触ってみると強い力で「ぐんっ」と押し返されました。

生きてた。
Img_1586289ea7276be79640160359f8defb
はがきサイズ
Img_d68f438742c38714876703ae036b87e7
私は紙が好きです。
沢山持っているのに、素敵な紙に出会うと買ってしまう。
それを日焼けしないように箱に入れて、
たまに開けては「うっとりタイム」の始まり。
これで何を作ろうか、と想像するのが楽しくて、
紙をず〜っと見つめていても飽きません。

今回は「新局紙」という紙です。厚さは80kg(郵便はがきより薄い)
表面がボコボコしていて、雲のような斑な透け感に一目惚れ。

芳名録、日記用紙、スケッチ帳・・・今作ったのはこれくらい。
まだまだ想像は膨らみます。
Img_cb602b8510dfb952cc32a569837b53de
Img_f7506d72b027648b6e4e86ff2e088bad
レモンの木から「シャクシャク」と音が聞こえてきたのでのぞいてみると
今年もやっぱりいました、アゲハ帳の幼虫。
しかもかなりデカい。

夕方の涼しい時間になると、沢山いる幼虫が一斉に食事をするので、
部屋の中にいても音が聞こえてきます。

ただ、いつの間にか一匹残らず鳥に食べられてしまいます。
それでも毎年アゲハは卵を産みに来てくれます。
Img_792732c2c51cc55e3e75b1ad4e72386d
せっせと巣作り
Img_11a68da25a035d9dd656cfac2ed48653
大好きおやつ
Img_6d3e3b5c247603c0fae70a2872d3fc3c
皆でおやつ
Img_e9f500fd3f6a1c36fe91d5b0bdb9a7cf
足が熱い すごく軽い
Img_d6877db5dc3802cb75c5728425ec9fea
一番のおしゃべり
Img_e2e76df55119f687d340d00ab56d666a
羽繕い
少しの間預かる事になったコザクラインコとセキセイインコ。
おしゃべりが大好きなので、とってもうるさい・・・いや、賑やかです。

それぞれ性格が違って、みんなかわいい。
Img_747ae1fbd08f9dfcdd2700e0ffa9fa1a
開花
Img_d9b863f2acd6d9a17942bc2ea9ee0665
庭のレモンの花が、今にも開花しそうです。
Img_8d9bd023c192de38d9269b7811032d99
こゆう
Img_e2dbe30b1a3daf8e0a9fa1d1958d392d
クリボウクラフト
Img_05b090d4ea1918c4b8afda3dea230d71
風唄窯
風唄窯の五月〜GWの窯開きの風景です。
イベントは終了しましたが、
風唄窯は通常通り営業中です。
軽くて持ち易く、使いやすい器たち。
ひとつひとつ丁寧に作られていて温かみがあります。
ぜひ足をお運びください (Click!)